冠婚葬祭 六曜

ビル

冠婚葬祭と六曜の関係について

六曜とは、もともとは中国で毎日の吉凶を占うために定められた思想だといわれています。
カレンダーを見ると、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口と順番になっているものですが、旧暦での毎月1日にくるものは月によって決まっています。
日本では冠婚葬祭の日取りを決めるのに参考にされていて、どの六曜日に何を行うのか、また避ければいいのかということが共通の認識として浸透しているものがあります。
例えば、結婚式は、「最も縁起の良い日」とされる大安が選ばれるのが一般的で、逆に「祝い事に関しては凶」とされる赤口は避けた方がよいとされています。
葬儀は、「仏事はよろしい」とされている仏滅に行うことが多く、逆に「凶事に友を引く」という意味で友引は避けることが多いです。
法事は、葬儀同様仏滅がよいとされており、あとは「法事と正午だけはよい」という赤口の日も法事に限ってはよいとされています。
このように六曜は日本の暦の中では最も浸透していて、冠婚葬祭以外でもさまざまな行事で利用されています。

関連情報一覧

結婚式での六曜の考えかたは様々です。

六曜と冠婚葬祭の日取り

冠婚葬祭と六曜の関係について

六曜それぞれの意味と性質。