冠婚葬祭 六曜

ビル

六曜と冠婚葬祭の日取り

カレンダーを見ると、大安、仏滅など書いてあるものがあります。
これは六曜といって、中国から伝わったものです。
大安、仏滅、先勝、先負、友引、赤口の六種類です。
この六つにはそれぞれ意味があります。
冠婚葬祭の時など、この六曜を参考にして日取りを決めることが多いようです。
仏も滅する凶日という意味の仏滅は、何をしても最悪とされ、お祝い事は避けることが多いです。
大安はすべてにおいて吉日、最も縁起のよい日といわれており、結婚式や結納には一番よいとされています。
ほかにも、引っ越しや地鎮祭など何をしてもうまくいくとされる日です。
友引は、凶事に友を引くという意味があり、葬儀では避けられることが多く、火葬場が休業することもあるようです。
赤口は、厄日とされ、特にお祝い事には大凶とされており、火や刃物に気をつける日ともいわれます。
六曜を気にしない人も増えてきていますが、多くの人が大切にしている暦を完全に無視することは難しいでしょう。

関連情報一覧

結婚式での六曜の考えかたは様々です。

六曜と冠婚葬祭の日取り

冠婚葬祭と六曜の関係について

六曜それぞれの意味と性質。